skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。
【東京21卒:慶應義塾大学】常に先の先を考えて行動するようになりました!

【東京21卒:慶應義塾大学】常に先の先を考えて行動するようになりました!

はじめに

チアフルに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。社会で活躍するためにスキルアップしたい人、とにかく頑張れる環境、コミュニティをお探しの方など、チアフル入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

今回は慶應義塾大学3年生の金谷妃呂子さんに2回目のインタビューを行いました!

−−入会してから半年以上経ちますが、チアフルでどのような活動をしたか教えてください。

金谷:仕事面では、チアフルの二大業務であるイベント運営と新卒紹介の両方でリーダーをやらせてもらいました。新卒紹介事業の方では、ある企業の担当をやらせていただいてもうすぐ半年になります。収益構造を踏まえて、会社の利益をあげるためにどうしたらいいのか、常に逆算する力がついたと思います。
勉強面では、グループディスカッションを何度もやっていく中で、瞬時に構造化して考えられるようになってきたかなと思います。また、社長や先輩、同期と話すことでいつも刺激をもらっています。

人を動かすには相手目線で考えることが大切

−−このチアフルの活動を通して自分の中で変化した部分はありますか?

金谷:相手目線で考える癖がついたと思います。今までは、自分が満足するところまでで終わらせてしまっていましたが、活動を通して、人を動かす、動いてもらうには相手目線が大切なんだなと身をもって感じました。
いい意味で余計なプライドを捨てられたなと思います。何もせずに「まあなんとかなるか」と思う人より、いつも心に熱い思いを持ってる人の方が圧倒的に強いですからね(笑 )そういう人がたくさんいる環境だからこそ、私も段々と変わってこれているのなと思います。

−−活動の中でうまくいかなかったことはありましたか?

金谷:たくさんあります!(笑)
集客一つとっても、うまくいかないことはたくさんありました。また、企業担当として、目標から逆算できていると思っていても、その通りにいかないことが多くて、何回も逆算し直したりしています。
そういった時は、1人で考え込まずに先輩や同期に相談して解決するようにしています。相談することで、自分になかった視点からの意見をもらえることも多いです。

人を動かすのに「正解」はない。

−−前回のインタビューで、与えられたことだけでなく人を巻き込んだ働きがしたいとおっしゃっていましたが、その後どうなりましたか。

金谷:先の先を自分で考えて行動するようになりました!チアフル入会前までは、何事にも「正解」があって、その通りにやらなきゃ、と思っていましたが、チアフルに入ってからはそうではないんだなと気づきました。人を動かすのに「正解」はなくて、ひたすら向きあった人が人を動かせるのだと思います。なので、いつも先の先を考えて、向き合うようにしています。そうすることで、新しいものが見えてきて、それをみんなに共有することでチームとしてまた一歩進めるのかな、と思います!それが人を巻き込むってことだと思いました!

自分にしか出せない価値をチームに

−−今後の目標を教えてください!

金谷:私にしか出せない価値をチームに与えることです!チアフルは「社会で活躍する人材になる」という一つのビジョンを掲げ、みんなでそれに向かって頑張っています。ですが、それぞれに個性があって、チームへの貢献の仕方も違うと思います。なので、自分らしく頑張って、自分に誇りを持てる人になりたいと思います!

−−インタビューは以上となります!ありがとうございました!

金谷:ありがとうございました!

Back To Top