skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。
【東京21卒:慶應義塾大学】チアフルのリーダーとしてさらなる成長を目指します!

【東京21卒:慶應義塾大学】チアフルのリーダーとしてさらなる成長を目指します!

はじめに

チアフルに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。社会で活躍するためにスキルアップしたい人、とにかく頑張れる環境、コミュニティをお探しの方など、チアフル入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

今回は慶應義塾大学3年生の高橋依莉子さんに2回目のインタビューを行いました!

−−入会してから半年以上経ちますが、チアフルでどのような活動をしたか教えてください。

高橋:社会で活躍する基礎を鍛えることをビジョンにして人材会社のお仕事をしています。
具体的には、契約企業に口コミで学生紹介したり就活イベントを開催したり、送客した学生を内定受諾してもらうまでフォローしたりすることをしています。

相手目線に立つことの難しさを実感

−−このチアフルの活動を通して自分の中で変化した部分はありますか?

高橋:相手目線に立って考える機会が増え、その重要さや難しさを実感しています。
そのきっかけは二つあって、一つ目は、学生の集客を通してです。私の友達は、プライドの高い慶應生が多いです。チアフル紹介の企業は優良企業だけど、大手に比べ知名度が低いので、そういう人達に対しての魅力づけが難しいです。そんな中で相手の気持ちを動かすために、相手の情報を聞き出しながら、何を求めていて、どんな言葉に惹かれるかをいつも考えながら集客しています。
二つ目は、チームでの活動です。チアフルに入る前に頑張ってたことは、クラシックバレエとか、受験とか、どちらかというと個人なことが多かったので、チームで頑張る経験が少なかったです。チアフル入ってからは、ひとりひとりが仕事を頑張るけど、それをチーム全体で達成するので、常にどうすれば周りを巻き込めるかとか、ひとりひとりのモチベーションの上げ方を考えて行動しないといけないです。これも、メンバーのことをたくさん聞き出してその人の特徴やそれに適応する関わり方を考えて一緒に仕事してます。

なんでできないの?と思ったこともある

−−活動の中でうまくいかなかったことはありましたか?

高橋:最初にリーダーとか、周り巻き込むやり方わからなかったのと、目標から逆算むずかしかったのと、いま人事部でも経営管理で自分で一から考えて動くのできていないことですね。やっぱり先ほど言ったように相手目線という考え方が身につくまでは本当に巻き込むのが難しくて。言われたことができないメンバーに対して、なんでできないの?って思ったりしたこともありますが、でもそれって全然相手目線に立てていなくてベクトルが自分に向いてしまっているので全く作用しなかったです。

役職者としてさらなる高みへ

−−前回のインタビューで、チアフル全体に貢献してチームとしての成長をしたいと目標を掲げていましたが、その後どうなりましたか。

高橋:まだ目標達成はしてないし、それに向けていろいろ改善中です、経営企画という重要な役職に任命され自分が動かす立場、前よりもさらにそれを意識する立場になったからこそもっともっと高い視点で見なければならないと思っています!

−−今後の目標を教えてください!

高橋:適当になってしまう部分があるのでそこをなおしてコツコツと行動できるようにしたいです。また、経営企画という立場になったからこそ、これまで以上にもっと誰に何を言われなくても自分で何すれば良いのか常に考えて動くことを心がけたいです。

Back To Top