skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。
【東京オフィス】21卒のサーキュレーション内定者にインタビューをしました!

【東京オフィス】21卒のサーキュレーション内定者にインタビューをしました!

こんにちは、東京オフィスです!

今回はサーキュレーションの内定者である東京メンバーの髙橋依莉子さんにインタビューをしました!髙橋さんは慶應大学の4年生で来年の4月からサーキュレーションという人材コンサルのベンチャー企業への入社が決まっています。今回は髙橋さんがなぜ有名大手ではなくベンチャー企業に決めたのか、どう就活を進めていったのか、また髙橋さんはチアフルメンバーとしてどんな活動をしているのか、などたくさん話して頂きました!

就活について

--まず初めにどのように就活を進めていたか教えてください!

えりこ:始めはみんなが名前を知っているような有名企業ばかり見ていました。理由は自分が将来どういう人になりたいか、どういう時が一番充実してたかとかよく考えてなかったからです。でも就活を進めていく中でベンチャーの雰囲気や働き方に惹かれる部分がありました。ただ私は大手でもベンチャーでも極論どこへ行っても頑張りたい!と思っていたので、会社の規模にはこだわらず就活をしていました。

最終的にサーキュレーションに入社を決めたのは、会社のビジョンや、事業の成長性、社員さんのレベルの高さや楽しそうな雰囲気に惹かれたからです。ベンチャーに決めててサーキュレーションにした、というよりはサーキュレーションという会社自体に惹かれて結果ベンチャーになったという感じです。

 

--そうだったんですね!ベンチャー企業のことを知らずに就活をしている学生さんも多いかと思いますが、えりこさんがベンチャーを見始めたきっかけは何だったんですか?

えりこ:ベンチャーを見始めたきっかけはすごく単純な理由でした。社員さんたちが若くてキラキラしてる人が多く、またオフィスもオシャレだったから、こんなとこで働いたら楽しそう!と思ってベンチャーを見始めました。はじめは単純な理由だったけどベンチャーを受け始めて社員さんの話を聞くにつれて幅広く経験を積むなら若いうちだなと感じたし、いつかやりたいことができた時に、自分の力が必要だと思うようになりました。それが叶えられるのはベンチャーだと思い、どんどん惹かれていきました。

 

--ベンチャーの中でも様々な業界がありますが、その中でもコンサルを選んだのはなぜですか?

えりこ:なんでもやってみたかったからです。私はもともとやりたいことが特になかったのですが、その分色々なことをやってみたかったのでコンサルに決めました。なぜならコンサルは、様々な業界の経営課題に携わることができるので、幅広い範囲に触れることができると思ったからです。また、人に直接関わって、課題解決まで寄り添って、直接反応が得られる仕事に魅力を感じました。その中でもサーキュレーションという会社を選んだのは、ビジョンへの共感と、かっこいいと思う社員さんが多かったからです。また、フリーランスという新しい働き方に目を向けたコンサルはこれから絶対強い業界だと思ったし、過去の業績もすごくて会社自体魅力的でした。あとは原宿という立地やオフィスやロゴなどすべてにおいてセンスがよかったから、というのも理由の一つです!

 

--そうだったんですね!就活を進めていく中で大変だったことはありますか?

えりこ:サークル、バイト、学校、チアフルインターンとの両立が大変でした。ベンチャー企業は本選考が早かったため、ちょうど冬の期末テストの期間が就活もピークで、1日にテスト三つと面接三つが被ったことがありました。それと同じ頃、チアフルの活動も特に忙しくて面接やテストを終えたらラインが600件溜まってる時があったりしました(笑)

 

チアフルでの就活サポートについて

--就活と様々な活動を両立するのは大変だったと思いますが、就活をするにあたってチアフルでどんなサポートを受けていましたか?

えりこ:私はチアフルのインターン生としてイベントを運営したり、友達に企業を紹介する側だったのですが、自分自身も優良な企業をたくさん知るきっかけになりました。また企業の選考に進んでからチアフルの社長である小塚さんに直接サポートをしてもらってました。小塚さんとは、毎日のように面談を組ませてもらって就活期はメンバーの誰よりも話す機会が多かったです(笑)

面談で小塚さんとたくさん話すうちに、面接やESでどのように話せばいいのか自然と分かるようになっていきました。小塚さんは、人材コンサルを20年くらいされているプロフェッショナルなので、人の特徴をうまく言葉に変換するのがとても上手だし、色んな業界を大人目線で分析してるから、自己PRも、業界の知識も、小塚さんの言葉を自分の中に落とし込んで喋ってました(笑)

とにかく手厚くサポートしてもらって、日曜の朝9時に叩き起こしても面談に付き合ってくれて、すごくありがたかったです!

 

チアフルでの活動について

--先ほどチアフルでの話もあったので、チアフルの活動についても聞かせてください!まずえりこさんがチアフルに入ったきっかけは何だったのですか?

えりこ:ダンスサークルの先輩に紹介してもらったのがきっかけです。大学二年生の終わりで、真面目に将来について考えなきゃって焦ってたので、将来を見据えてなにかしたいと思っていました。あとは、インターン説明会のイベントに参加した時に、雰囲気が楽しそうだったから入りたいと思いました。

 

--チアフルで一年半ほど活動していますが、どんな変化がありましたか?

えりこ:常に目標をもって生活するようになりました。それも自分だけの目標ではなくてチームでの目標を意識するようになりました。わたしは今まで、クラッシックバレエやダンス、受験勉強など個人で頑張った経験ばかりだったため、チームで動くことの大事さ、難しさを実感しました。元々個人プレーばかりだったから、あまり人に興味ないタイプでしたが、チアフルで人材紹介の仕事を通して、相手の就活をサポートしていくうちに人の役に立ちたいって思うようになりました。

 

今後の目標

--最後に今後の目標を教えてください!

えりこ:まずチアフルでは最後までやり抜くことです。成長にゴールはないと思うし、何事も最後までやり切ることに意味があると思うからしっかりやり抜きたいと思います。同期も好きだし後輩もかわいいので、一緒に頑張っていきたいです!あとは、良い社会人スタート切れるように、まずは大学最後の年に、やれることは全部悔いなくやりたいです。入社する会社の新卒MVPも取りたいし、チアフルも遊びもバイトもサークルも頑張ります!

社会人になってからは何でもできる最強人間になりたいです。家庭を持ってからも働いていたいし、お金持ちになって、めっちゃ遊んで、仕事楽しんで、色んな人と関わって、やりたいことを全部やれる人になりたいです!

--ありがとうございました!

えりこ:ありがとうございました!

 

髙橋依莉子さんのチアフルでの活動についてのインタビューはこちら↓↓↓

Back To Top