skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。
【福岡22卒:西南学院大学】自分の力不足を実感しました!

【福岡22卒:西南学院大学】自分の力不足を実感しました!

はじめに

こんにちは。福岡マーケ部です。

今回のインタビューは西南学院大学22卒のはるなです。

はるながチアフルに入会してどう変わったのか、どのように行動してきたのかについてインタビューしました。

 

 

 

入会前

 

――チアフルに入ったきっかけは何ですか?

 

はるな:22卒のチアフルメンバーのなつのから話を聞きました! バイト先が一緒だったんですよね。

 

――そうなんですね、入会前チアフルのどういった点に魅力を感じましたか?

 

はるな: メリハリをつけて頑張っているところと、仲間思いで高めあっているところが魅力に感じました。遊ぶときは遊ぶ!やるときはやる!みたいなメリハリがあるなと思いました。

仲間思いな部分はチアフルHPのメンバーインタビューをみて感じましたね。

お互いをフォローしあっていたり、チームの成長や組織の成長のために力を注いでいます!という文があって本当に仲間思いだなと思いました。

 

――確かに、オンオフの切り替え・仲間って働く上でも大事ですよね! では、入会の決め手となったものとは何ですか?

 

はるな:現状に満足していないということ将来への不安があったことですね。小中高予備校でずっと何かに打ち込んできたから、今の生活が物足りないなと感じていました。サークルにも入ってたんですけど、打ち込む感じじゃなかったので他のことをしようと思ってたんですけど他のこともはまらなくて、、もっと頑張らないといけないなとは考えていました。

あと、自分の家庭をもっても働き続けたいという将来像があるんですよね。入会前は何とかなるかなって変な自信を持っていました。特に何も頑張っていたわけではないのに(笑)

 

――確かに、大学生活をただ過ごすだけでは将来像には近づけないですよね。

 

入会後

――実際に入会してみて右も左もわからなくて不安だったと思うんですけど、どうやって乗り越えてきましたか?

 

はるな:とりあえず目の前のことを頑張っていました!でも、何も考えていなかった分、その分小塚社長から怒られることは多々ありました。その度に自分の努力の方向性を示していただいていましたね。

もちろん怒られたときはへこむんですけど、次どうするべきか切り替えて行動していました。

先輩に小塚社長の言葉をかみ砕いてもらって、どう行動するべきか相談に乗ってもらいましたね。

同期にも話を聞いてもらったり、その都度励ましてもらったりもしました。自分も先輩や同期のようになれるように新しいメンバーのフォローは意識的にやっています!

 

――入会して約5か月ですが、入会前後で心境や行動に変化はありましたか?

 

はるな:当初は非常に井の中の蛙だったなあと…痛感しています。

 

――井の中の蛙だったっていうのは、どういうところから感じたんですか?

 

はるな:ほんとうに色々なことがずれていました。結婚したら働けないっていう固定概念とかがありましたね。とりあえず、社会に対して知らないことが多すぎました。とりあえずボランティアとか留学とかやっとけば企業受かるやろ!くらいに思っていたし、コロナもあって働き方がどんどん変わってる現状すら深く捉えてなかったです。

まして、就活した後のことなんて少しも考えてなかったんです(笑)。焦ってるって口で言いつつ、社会をなめてたんだと思います。反省です。当たり前のことが当たり前にできないといけなかったり、タスク管理であったり…。当然だけど、学生の基準とは全然違うなぁって痛感しました。それも踏まえて、これからの世の中、何が起こるか分からないし自分の市場価値を上げていかないと、どこに行っても厳しいのかなってチアフルに入会して考えさせられました。 

――そこからどんな風に変わったんですか?

 

はるな:21卒の先輩に行動力行動量が変わったよねって言われました。今振り返ってみると、とりあえず動くようにしていたなと思います。まあめっちゃ怒られましたけど(笑)

 

――そんなに、怒られていたんですね(笑)どういうところで変わりましたか?

 

はるな:営業部での活動だったと思います。営業部は人数が多いからまとめないといけないんですよね。その時にゴールを見据えたり、仮説を立てたりして考えようと意識しています。でも、まとめる力がまだないなって実感しました。

 

――仕事をしてたらきついこととか大変なこともあると思いますが、そこで動ける原動力ってどこから来ているんですか?

 

はるな:仕事だからやるしかないと思いました。仕事ってやりたいことだけできるわけじゃないですし、やってみたら道が開けてきた!みたいな(笑)

 

――すごいですね。もともとメンタルは強かったんですか?

 

はるな:反省はするけど、でも反省ずっとして落ち込んでいても次から次に仕事が来るので、落ち込んだままでいられないっていうか…。次々にやらないといけないなと思いました。

 

――チアフルってそういう環境にありますよね。うまくいかない時とかに先輩とか小塚社長に言われて印象に残っていることを教えていただきたいです。

 

はるな:「とりあえずやる」ですね(笑)

 

――とりあえずやるですか?

 

はるな:はい。考えてから動くんじゃなくて、とりあえず動いて、動きながら考えていました。人よりも動く分、怒られる数も多かったんですけどね。(笑)でも、怒られたら怒られただけ自分の間違いを正してもらえるので成長に繋がったと思います。あと、怒られるから少しはメンタル強くなったと思います。(笑)

 

これから

 

――先程うまくいかないこともあるとおっしゃっていましたが、営業部でこういう立ち位置とかこういう風になりたいとかありますか?

 

はるな:人数が多いから、周り巻き込んで引っ張っていきたいなって思います。なかなかまとまらないので難しくて、最近悩んでいます。自信持って決断できるようになりたいです。

 

――どうして自信を持って決断できるようになりたいと思っているんですか?

 

はるな:小塚社長と21期の先輩とリーダー像について話をしたんですけど、私って自信がないから決断ができないんですよねって言ったんですよ。そしたら、「自信がないのは言い訳だよ」「リーダーっていうのは上からの指示を自分の言葉でかみ砕いて伝えるのが大事」

って言われて、自信がないとかそういう問題じゃないことに気が付きました。だから私は言い訳せずに決断ができるようになりたいと思います。

 

――すごく大事ですね。組織としてどうあるべきかを考えると、自分たちの成長よりも一番上には成果があるから、成果を出すためにリーダーの決断って重要ですよね。

 

はるな:はい。成果を追い求めるからこそ決断できると思います。

 

――そうですね、間違いないです。最後に、チアフル入会に悩んでいる人に一言お願いします。

 

はるな:福岡の学生って、のんびりしている人が多いけれど自分が思っている以上に社会って厳しいんですよね。今の自分じゃ不安だな、と少しでも思うのなら一歩踏み出してほしいです。新しい環境って最初は不安だと思うし、入ってからも周りのレベルが高いからへこむこともあると思うけど、何事もとりあえずやっていたら道が開けてきます。一緒に頑張りましょう!

 

ーーありがとうございました!!

 

過去のメンバーインタビューはこちらから ↓

Back To Top