skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。
【福岡22卒:九州大学】「今行動しないと変わんないよ」

【福岡22卒:九州大学】「今行動しないと変わんないよ」

はじめに

こんにちは!福岡オフィスです!

今回は22卒九州大学のもねさんにインタビューをしました。

22卒屈指のキラキラビジュアルをもったもねさんですが、ビジュアルだけでなく普段どんな思いでチアフルの活動を頑張ってるのか、必見です!

 

こんな人に読んでほしい!

・キラキラバリキャリになりたい人

・自分将来なんとかなるって思ってる人

・何かしないといけないと思ってるけど、失敗恐れてなかなか動けないなと思ってる人!

 

――まず、入会理由を教えてください!

 

もね:入会しようと思ったきっかけは、憧れの先輩がいたことです。漠然と将来キラキラしたい、バリキャリになりたいと思ってたけど、そのために大学でやってる事が無くて、、、。そんな時に私の憧れだったキラキラガールのすずのさんから紹介されました。すずのさんは大学のサークルの先輩だったんですよね。

それでHPとか見ると、めっちゃアツい人たちがいっぱいいて、私は大学生活でそんなに熱中してアツいことしてなかったので、こんなにアツい人たちといたら絶対得るものあるし、キラキラに、すずのさんに近づけるんじゃないかなって思って入りました!

 

――すずのさんに憧れていたんですね!!ちなみにどんなところが憧れていたんですか?

 

もね:九大生なのに、九大生らしくないところ、キラキラしてるところですね。(笑)具体的には、芯があって、自分がある。何に対しても主体的に、活動的になってる人です!

 

――すずのさんにはそういう要素があるんですね。確かにすずのさんって主体的で、チアフルでもバリバリ活躍されていますよね!もねさんにもそういうイメージありましたが、違うんですか??見た目は十分キラキラですよね!(笑)

 

もね:はい、そんなタイプじゃないです。(笑)芯がなくて、本当に人の目を気にして、嫌われるのが怖いと思いながら行動してきたので、そういう自分と正反対のタイプに憧れてました。

ただ漠然と自分芯がないなあ、人の目を気にするなあっていうのは感じてました。それがなんでなのか、それがどういう時なのかとかは、自覚がなかったです。チアフルに入ってからわかるようになりました。

 

今行動しないままで、自信ってつくものではない

 

――そうなんですね。何か、気づいたきっかけがあったのですか?

 

もね:小塚さんとお話してるときですね。小塚さんに私は「正解を求めて行動してる」って言われたんです。プライドが高いけど自信がない部分があるから、失敗するのが怖くて、正解を求めて受動的に行動してるって言われました。その時に、あ、私って本当に芯のない人間なんだなと感じましたね。

 

――ばっさり言われましたね。(笑)プライド高かったんですか??

 

もね:はい。(笑)挫折経験がないのも大きいし、家庭でも頼られることが多かったので、なんでもできる自分でいたい気持ちがあったと思います。

でも小塚さんに言われた事は、潜在的にその通りだと思ったので、すごく心に刺さったんですよね。そのままだったら、自分ベクトルで、私の目指すキラキラになれないと思ったので、そこから変えようと思いました。

 

 

――具体的に何か行動は変わっていったんですか?

 

もね:はい、とりあえず何か行動するようになりました。

今までは、何かをする前に、これをしたら失敗するかもしれないから、一旦身を引こうっていう気持ちがありました。例えば、リーダーの立候補とか募るときに全然手を挙げられなかったんです。今の自分がやっても絶対失敗してしまう、って思って。

でもそうやって行動していなかった時に、メンターの美緒さんに「その自信って、いつになったらつくの?」って言われたんです。今行動しないままで、自信ってつくものでもないし、半年たったらつくものでもないって言われて、「今行動しないと変わんないよ」って言われて、とりあえず行動しようと思えました。

※メンター・・・後輩の育成担当

 

――美緒さんかっこいい!(笑)たしかに行動しないと、自信ってつかないですよね!今では提携先の企業リーダーとして送客の責任者をしてますが、経験してみてどうですか?

 

もね:もし、リーダーをする前に小塚さんとか美緒さんの言葉がなかったら、絶対に務まらなかっただろうなと思います。言われたからこそ、少しは自分の中で自覚を持ったので、自分から動かさないととか、失敗を恐れるとか考えるのをなしにして自分から行動をすることが少しは出来ました。

 

 

行動したから得られたもの

 

――今でも、立候補とか、とりあえずやってみるということは意識してるとは思うのですが、それを継続してきて何か考え方が変わったり、学んだことはありますか?

 

もね:無駄な考えはなくすようになりました。この活動をする意味とか、これって何に繋がってるんだろうとか、前はそういうことを考え過ぎてたんですよね。

加えて、過程の大切さに気付きました。今までは結果ばっかりに注力してきて、成功か失敗かで考えていて、やること自体に意味があるとは思わなかったんです。でも、とりあえずやってみることで、それをやるまでの過程の中に当事者意識とか、人をどうやって動かせばいいかとか、考え抜かないといけないことだったり、いろいろなものが詰まってると思いました。

 

――それでは、その過程で今、大事にしていることありますか??

 

もね:当事者意識を大切にしています。私は今まで芯のない人間だったので、とりあえず人が良いと思う方向に一緒に行ってました。でもそれだったら一生成長出来ないなって気づいて、とりあえずなんでもやってみることもそうだし、自分に振られたものじゃなくても、自分がこれをしないといけないと思うということを意識してます。

 

 

――当事者意識を持つって意外に難しいですよね。自分自身を変えることもそう簡単ではありませんし、正直今までチアフルを辞めたいとか、挫けそうになったときがあったと思います。どんな時に思ったんですか?

 

もね:仕事が増えて、でもできなくて、追いつけなくなった時に、自分の時間との両立が出来なくなった時がありました。それで、チアフルと自分の時間、私にとってどちらが大切なんだろうって比べたときに辞めたほうがいいのかなって思ったりしました。

 

――それでもチアフルに踏みとどまった理由は何ですか?

 

もね:やめて得るものってひとつもないなって思ったからです。やることで、力がつくのはもちろんあるし、一番大事なのはやり抜くことだと思ってます。今やめたら、やり抜くっていう一番大事なことを途中であきらめることになってしまうって思ったので。

将来考えたら仕事とプライベート絶対両立しないといけないものなのに、今出来てないのに社会出てできるようになるわけないって思いました。だったらそれをできるようになるように今頑張らないとと思いました!

あとは、メンバーが好きなので、みんなと会えなくなるのが辛いなって思いました。

 

――それは、自分一人で考えて踏み留まることが出来たんですか?

 

もね:いいえ、相談しました。今までは、自分ひとりで考えるタイプだったんですけど、自分の場合は一人で抱え込んだらダメっていうのもチアフルで学んだので、相談しました。

 

――相談できるようになったのはどうしてだと思いますか?

 

もね:メンターの美緒さんが本気で向き合ってくれたからですね。美緒さんのほうからたくさん来てくれるから、私も心を開けました。美緒さんには感謝しかないです。

 

 

――もねさんの中で、美緒さんの存在が大きいんですね!ちなみに今のチアフルでの目標や原動力は何ですか?

 

もね:原動力は負けたくない気持ちです!目標として、チアフルで核になりたいと思ってるので、みんなに負けないで頑張りたいと思っています。

 

――もねさんにとっての核ってどんなひとですか?

 

もね:その人がいるか・いないかによって変わる人。影響力がある人です。人に対しては、この人がいるから私も頑張れるっていうひと。スキル面とかで言うと、この人がいるからチアフルがさかえる人っていうイメージです!

 

――影響力を与えられる人、憧れますよね!!具体的には何をしてますか?

 

もね:提携先の企業リーダーとして、目標を達成する為にとにかく行動してます。

あとはとにかく、キャパを広げる事を頑張ってます!具体的には、逆算してやることに優先順位つけるとか、オンオフをしっかりつけることとかを意識してます。

今はまだ自分のことをこなすことでいっぱいいっぱいなんですけど、余裕がないと人のために動けないし、そうしないと核になれないと思ってるので、これから着実にステップアップしていきます!

 

――これからのもねさんの活躍に注目ですね!!

 

Back To Top
検索