skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。

【福岡オフィス】マイクロアド内定者にインタビューをしました!

  こんにちは、福岡マーケ部です!今回はチアフルのクライアント企業のひとつである株式会社マイクロアドに入社を決めた22卒メンバー、西南学院大学のたくまにインタビューをしました!たくまがどんな就活の軸を掲げていたのか、何に苦労したのか、リアルなお話を聞かせていただきました!

 

――たくまはマイクロアドさんの選考が始まる頃にチアフルに入会をしましたね。チアフルに入ったきっかけについて教えてください!

たくま:将来に危機感を持ったことがきっかけです。夏に面接対策で小塚社長と話をした時に初めてちゃんと将来のことを考えたけど、自分が多くの人の中に埋もれるイメージしか持てなかったんです。九大生と比べても学歴が低いこともあり、勝ち筋が見えませんでした。

――勝ち筋というのはどういうことですか?

たくま:会社に入った時に、上位2割、中6割、下位2割に分けられるという話を聞きました。その時に、上位の2割に入って、将来活躍できるようなカッコいい人になりたいと思っていました。僕にとってカッコいい人は挑戦し続ける人で、サッカー選手の三浦カズヨシは自分が思うカッコいい人だなと思います。サッカーを通して、挑戦し続けている方なので!彼の言動が人の記憶とか歴史に残っていくのを見て、僕も将来そういう人になりたいと思っています。

 

――就活の軸は何でしたか?

たくま:大きく2つあります。

1つ目は挑戦できる環境があることです。先ほどの将来像を達成するための環境が必要だと思って、企業は比較的小規模で若手が裁量権を持って働ける場所、ということでベンチャー企業に絞ってみていました。また、市場が拡大していて、未開拓の領域があるということでインターネット業界をみていました。

2つ目に、一緒に働きたいと思う人がいるかどうかを重視していました。自分にない価値観や考え方があったり、魅力的な個性を持つ人と働きたいと思っています!

――就活する上で大変だったことはありますか?

たくま:ありました。3つあって、自己分析と、分析したことを言語化すること、企業理解です!

自己分析は、一人で考えても何も出てこなかったので、とにかく人に話して自分の価値観や考え方を発見することを繰り返しました。そして、見つけたことを自分の言葉で話せるようになるまで何回も言語化の練習をしました。自分の場合は、言語化が下手な分しっかり相手に伝わるように先輩と練習しました。企業理解については、様々な角度からの情報収集を意識して、企業のHPだけじゃなく、各媒体の記事を探して読みまくりました。(笑)あとは、SNSのアカウントをフォローし、逐一情報収集をしてどういう人が働いているのかを見ていました!

 

――たくまはチアフルメンバーになる前はユーザーとしてチアフルを利用してくれていましたよね!ユーザーとしてチアフルのサポートを受けてよかったことはありますか?

たくま:大きく3つあります!

1つ目は、チアフルが紹介する優良企業に出会えたことです!自分が知らなかった魅力的な企業の存在を知れました。

2つ目は面接対策をしっかり出来たことです。社長の小塚さんや先輩と面接対策をしっかり行えました。ここは、ユーザー側としても受けれるサポートでもあり、チアフルの強みでもあると思います。

3つ目は内定者の先輩がいたことです。企業理解や面接の雰囲気を聞いて面接に活かせました!

たくまさんは、チアフルのクライアント企業のひとつである、マイクロアドさんに内定し、来年に入社することが決まっています!

株式会社マイクロアドさんは広告テクノロジーを用いた事業を行うベンチャー企業です!広告を出すターゲットの最適化を行うことで広告を出す側・広告枠を売る側の双方にメリットを提供する事業を行っています。ベンチャーならではの自由な社風が大きな特徴です!

 

――株式会社マイクロアドさんの魅力はなんですか!

たくま:一番は会社が抱えているビジョンです!マイクロアドは、”Redesigning the future life”というビジョン、目指しているゴールとして”新しい産業を作る”というのを掲げています。マイクロアドはブルーオシャンを駆け抜けようとしていて、誰もやったことがないようなことを成し遂げようとしています。「パイオニアみたいな存在になりたい」という意思に、自分の軸である挑戦と照らし合わせて凄く魅力を感じました。自分にとっての挑戦は自分が知っている世界を飛び出すことなので、それを実際に行っているマイクロアドに非常に魅力を感じました!

もう一つ、一緒に働きたいと思えるような面白い人が多かったんです。ここは直感的なんですけど、面談を組んでいく中で、副業をしたりとか働き方のスタイルだとか、いろんな人がいて、面白いと思いました。(笑)

――会社が目指すものに強く共感したことが大きかったのですね!それでは最終的な決め手は何だったのですか?

たくま:2つあります。1つ目は自分のマイクロアドの理解度がすごく高かったことです。就活を始めたきっかけがマイクロアドさんの夏のインターンでした。そこから半年間、面接を通して企業の理解を深めていき、その上で自分と会社がマッチしていると確信出来ました。

2つ目は、社員さんに一緒に働きたいと言われたからです。最終面接後に、各面接のレポートを拝見し、全ての面接官が一緒に働きたいと思ったというFBをしていただいていたんです。自分も一緒に働きたいと強く思いました。求められていたところに喜びも感じて、ここで働くことを決めました!

――選考に進む中で、自分のやりたいこと、なりたい像がその会社で達成できるかを確信出来たのですね。来年から入社しますが、どう活躍したいかと考えていますか?

たくま:いち社員としてマイクロアドのデータを用いた広告プラットフォームをもっと普及させたいと思っています!その為に、いちプレイヤーとして圧倒的な成果を挙げていきたいです!ゆくゆくは、チームを引っ張る立場になって会社のビジョンの体現に貢献したいと思っています。圧倒的な成果を上げるためには、誰よりも行動したいと思っています。めちゃくちゃ賢いわけではないので、一年目から行動量で周囲と差をつけて新人賞を獲りたいです。

――新人賞!人生に一度きりのチャンスなので是非頑張っていただきたいです!それでは、それに向けて今頑張っていることはありますか?

たくま:今までユーザーとしてサポートを受けていましたが、10月頃にチアフルに入りました。というのも、就活をしていく中で将来、挑戦し続けるカッコいい大人になりたいという将来像が明確になりました。でも、自分がそうなれるビジョンが見えなかったし、現状それに向かって努力していることがありませんでした。そこにすごく危機感を持ったので、「社会で活躍する人材になる」というビジョンを掲げているチアフルに入会を決めました。

そのチアフルでの活動を通して、社会人基礎力であるスキルとマインドを鍛えてます。その中でも、とりあえず行動することを意識して、挑戦し続けています。加えて、これまで勢いとパッションで生きてきたんですけど、自分の弱点である論理的思考力がマイクロアドで活躍するためには必須だと思い、常に考えて行動することを意識しています!

――それでは、最後に就活生に向けたアドバイスをお願いします!

たくま:就活は人生においての大事なポイントなので、真剣に向き合って欲しいです。その分自己分析とか対策とか全力で取り組んだら、きっと結果に結びつくと思います。あとは、一人でしないことですね!落ち込む機会がたくさんあるから、一緒に頑張る仲間を見つけて、切磋琢磨しながら頑張っていくのがいいと思います!とにかく満足できる就活にして欲しいです!

 

――ありがとうございました!

Back To Top