skip to Main Content
口コミ限定。新しい就活サービス。

【福岡23卒:西南学院大学】危機感と仲間が原動力に

こんにちは!福岡マーケ部です!

今回は西南学院大学23卒のみのりにインタビューしました!

定期的に行われている楽天主催の合同説明会の統括リーダーやマイクロアドの企業リーダー、そして人事部としてメンバーのサポートを行ってくれているみのりが目指すものとは、、、!

是非最後までご覧ください!

思い立ったら即行動

ーーよろしくお願いします!まず初めに、みのりがチアフルに出会ったきっかけは何でしたか?

みのり:はい。親友のひとみ(チアフル23卒メンバー)に声をかけてもらったことがきっかけです。特にイベントなどに参加することなく、チアフルのことを全く知らない状況でオフィスに行きました(笑)そこで先輩方に面談をして頂いてチアフルへの入会を即決しました(笑)

 

ーーすごいですね(笑)その理由を教えてください!

みのり:はい!迷わなかったです。元々漠然と将来活躍したいという思いがあって、でも大学生活で何もできていなかったから不安だったんです。そんな時にひとみからチアフルという環境があることを教えてもらって、これは入るしかないな!と思いました(笑)

 

ーー将来に対する危機感がちゃんとあったのですね

みのり:はい。将来活躍したいという目標があるにも関わらず、このまま社会に出てやっていけるのだろうかという不安を感じていました。それと同時に、元々中高で部活に入っていたというのもあって大学生活に物足りなさを感じていたんです。だからひとみから話を聞いたとき、今の自分にはここしかないと思いました。あとは、大学生活でガチで何かに没頭することができるという点に惹かれましたね。学生団体ってよく聞くけれど、チアフルのように自分の為にも周りの為にも一生懸命になれる場所は珍しいと思いました。私自身、人と違う事をするのが好きだから未知の世界に飛び込む感じがワクワクしましたね!

危機感から行動に移す

ーー時には、ノリや勢いで決めることも大切ですよね!何も知らない状態でチアフルに入会して、活動していく中で感じたギャップは何かありますか?

みのり:1番ギャップを感じたのは、チアフルという組織のレベル感です。九大生が沢山いて、周りのみんなが頭が良いという環境に驚きました。ついていけるかという不安よりも自分もこうなりたいという気持ちの方が大きくて、すごく刺激を受けましたね。

 

ーー私もそうでした!その高いレベル感で活動していく中で挫折は何かありましたか?

みのり:ありました。私は、ずっと※1経営管理の候補に挙げられたいと思っていたので、人事の中でも組織の※2 2:6:2の法則を常に考えて、先輩方と話す機会を自分から増やすことで先輩方の思考を学び、動いていました。でも、自分がチアフルの核となるメンバーに入れていないということのを知ったときに、それが悔しくてめちゃくちゃ泣きましたね(笑)

※1チアフルの統括リーダー

※2組織の構成比は優秀な上位が2割、平均的な中位が6割、劣等な下位が2割に分かれるという考え方

 

ーーそうだったのですね。そのような挫折経験を経て自分自身成長したと感じる部分はありますか?

みのり常に頭を使う事を意識するようになりました。今までは、ただがむしゃらにやって自然と周りを巻き込んでいくという感じでした。でも今は、行動や発言の意味をしっかり考えるようになりました。考えることを今までやってこなかったからこそ、今でも苦労しましていますが、考えることを辞めてしまうと目標に近づけないのでその危機感から行動に移しています。

1人1人に合った対応を

ーー確かに目的意識って大事になってきますよね!例えば、どんな時に頭を使って行動に移しましたか?

みのり:そうですね。私は会社の利益の3分の1を占める楽天主催の合同説明会の統括リーダーを務めていて、毎月約500人の就活生を集めることに励んでいます。目標達成をする上で一人ひとりの行動量が大切になってくるのですが、毎月行われているのでメンバーのモチベーションっていうのも下がってきて、どのように行動したらやる気を出させることが出来るのかっていうのを考えて行動しました。

 

ーー責任が大きいリーダーを務めてられているんですね!具体的にどのような行動を起こしたのですか?

みのり:行ったことは主に2つあります。

1つ目に、メンバーの意識改善を行いました。負けず嫌いな人達が多いので、目標に対する現状の可視化を毎日行うことで危機感を煽りました。

2つ目に、メンバーの個別フォローを行いました。一人ひとりどこで困っているのかを聞いてアドバイスを行い、声掛け方法の改善を施しました。

実際に、今まで声掛けさえしてなかったメンバーが声掛けをしてくれるようになったり、声掛けはしているけど参加人数が伸び悩んでいたメンバーも、アドバイスしたことにより参加人数を伸ばすことが出来ました。

危機感と仲間の存在が原動力

ーーすごいですね!人を動かすのってすごく大変なことだと思うのですが、みのりの原動力は何ですか?

みのり:原動力は2つあります!

1つ目に、自分の思い描く将来像と今の自分とのギャップです。私は目標と現状のギャップを埋めるためにチアフルに入会しました。自分の現在位置を認識して、「このままじゃ将来活躍できないぞ!」っていう危機感が原動力になってます。

2つ目に同期の存在です!元々バレーボール部に所属していたのでチームで頑張るのが好きなんです。辛いことがあったらみんなが支えてくれるし、みんなの笑顔を見ていたら「今日も頑張ろう!」ってなります(笑)仲間の存在は大きいですね。

 

ーー新体制になって、23卒が中心に動いていかなければならないと思うのですがこれからチアフルでどうなっていきたいですか?

みのり:人事部として組織を強くしていきたいです。例えば、ももか(チアフル23卒)はレバレジーズのサマーインターンに参加してから変わったとチアフル内で言われていますが、そうではなくて自分自身の力で人・組織を成長させたいと思ってます。

 

ーーなるほど。組織を強くするために自分に足りない部分は何だと思いますか?

みのり:2つあります。自分自身まだ組織目線が甘いことと、誰かに指摘する時の内容が不十分であることです。そこを補うために22卒の先輩方に個人に対するアプローチ方法を聞いたり、先輩と沢山話すことで、先輩の考え方を学ぶということをしています。

 

ーーありがとうございます。チアフル入会を迷っている人に一言お願いします!

みのり:迷わないでください!人生一度きりだから、「自分の人生はちゃんと自分で決めていく!」みたいなスタンスで、ちょっとでも気になるなら迷う必要はないと思います。まず行動してみることが大事だと思ってます。

 

ーー私もそう思います。本日はありがとうございました!!

 

その他の23卒のメンバーインタビューはこちら!

【福岡23卒:福岡大学】自分の考えが他の人にいい影響を与えられるように

 

Back To Top